母の日におすすめのギフト|定番のお花から人気の高い美容家電まで

女性

行事の意味を知ろう

豆

季節を分ける雑節

節分は、立春・立夏・立秋・立冬の、各季節の始まりの前の日のことを言います。一般的に2月3日の節分の日が、立春の前日としてもっとも大きな行事が行なわれるのが、日本全国に共通した習わしとなっています。立春の節分は大寒にあたり、もっとも寒い時期とされていますが、節分を境に徐々に季節は冬から春へと移行すると考えられています。福豆を撒き、年の数だけ豆を食べたり、イワシを邪気払いに飾ったりといったことが行なわれますが、地域や神社によって風習は異なります。関西では恵方巻と言って巻きずしを丸かぶりする習慣が定着していますが、こうした習慣がないところも多く、初めて住む地域ではどのような風習なのかに注意する必要があるでしょう。

子供から大人まで

節分という行事に人気があるのは、厄除けをするにあたって家族みんなで取り組めるところだといえます。福は内、鬼は外と言いながら豆を撒くにあたっては、鬼役が必要になり、一家の大黒柱であるお父さんが鬼役を務めることが珍しくありません。子供たちは豆を投げるという、普段は絶対にしないことに興味津々ですし、なぜ豆を食べるのかという話にも熱心に耳を傾けるでしょう。厄を払い、家内安全を祈る行事でもありますので、どこの家庭でも願いは同じということも、みんなが節分詣りをする理由だと考えられます。この日ばかりはイワシが美味しいと感じられますし、関西では恵方巻と呼ばれる巻きずしが店頭に並びます。お母さんにとっては夕食の献立に悩まなくて済むのも、人気の理由になっているかもしれません。節分に関わる料理やアイテムは多くのスーパーやコンビニ、ネット通販でも取り扱われているので、気になる商品があれば、購入してみると良いでしょう。