母の日におすすめのギフト|定番のお花から人気の高い美容家電まで

女性

立春を迎える前に

食べ物とお面

楽な片づけ方

二月三日の節分の日には豆まきをする家庭も多いのではないでしょうか。豆まきには鬼の嫌いな豆で追い払って厄災や邪気を払うという意味がありますが、小さい豆は投げると部屋の到る所に散らばり、片づけるのに苦労しますよね。邪気を払うという面でも二月四日の立春を迎える前にぜひともやって頂きたい事なのですが、片付けが面倒で最近では節分の日でも豆はまかないという家庭もよく見かけます。しかし、同じ豆まきでも工夫次第で後片付けが楽になる方法もあります。同じ豆でもスーパーで販売されている小袋に入った豆を袋ごと投げたり、落花生を殻つきのまま投げるという方法なら投げた後も拾いやすいですし、落花生は殻ごと投げる事で食べる時も中身は綺麗なままです。

それぞれの意味

節分とはその名の通り季節を分けるという意味があります。本来なら四季の内、立春だけでなく立夏、立秋、立冬それぞれの節目がその日にあたるのですが、元旦の日に新春や迎春と言う様に春は一年の始まりであるとされ、この立春の前日に鬼の嫌いな豆をまく事で厄災や邪気を払って新しい年を迎えようという意味で二月三日が節分の日とされました。豆まきの他にも鰯や恵方巻きを食べるという習慣もありますが、これにも理由があります。鰯という字は『卑し』と『弱し』という字が語源と言われていて、そういった陰の気を払い、尚且つ鰯には独特な臭いがありそれを鬼が嫌うという事から食べられるようになりました。一方で恵方巻きは使われる具材が七福神にちなんで七種類である事から無病息災や商売繁盛を願い、福を招くと言われています。丸かじりするのも縁を切らない様にとの意味があります。